イノベーションの教科書 要約版 [テーマ1〜6]

イノベーションクラスのサンプル動画 [テーマ1  セクション1]

イノベーションクラスのサンプル動画 [テーマ1  セクション2]

titlemuiteruclass@2x

hintゼミ 21冬期 (7期) イノベーションクラス 長田智子さん (ともちゃん)  Facebookはこちら

WHY?を追求し続ける3カ月でした。なぜ私が?なぜ自分の会社で?なぜ今?こんなにもWHY?を追求したのは初めてで、結果、気づいたら約100人にインタビューを実行しておりました(笑) 仕事と違って締め切りもノルマも報酬もない中、「やりたい」という思いだけで、とことん利己的にWHY?と向き合えたとで、新たな自分の思いに気づくことができました。夢中でそれができたのは、幸せ視点で集まった仲間が集まるhintだったからです。 シェアドリーダーが自然と成り立ち、まさに誰もが主人公のチーム学習はがこんなに楽しいなんて!自分にとって非常に衝撃で新しい世界が広がった3カ月間でした。常に走り続けるhintコミュニティーの力、すごいです!!hintゼミの3カ月はhintの魅力を知るための導入期間。これからも、常に走り続けるhintの一員でいることで、自分の世界も広がり続けられそうでワクワクしています。
フィットネス業界の経営情報誌『Fitness Business』の編集に携わっています。新コ禍でいろいろ苦労している業界ですが、フィットネスサービスの価値や社会的役割は不変だと思います。そんな折、第4期のhintゼミのイノベーションクラスに参加することになりました。 まだ中間地点ですが、体系化されたイノベーションのステップに沿って「幸せ視点」の事業アイデアをブラッシュアップしていくプロセスは、感性と悟性の両方を刺激し、実にワクワクします。特にユニークなのは、5人1組になって毎週オンラインで進捗を発表しあい、創発を喚起すること。自分では思いつかない気づきやモチベーションをもらえます。 僕は、hintゼミで思いついたアイデアを実際のビシネスの中で次々と試しています。オンラインLIVEレッスン、Zoomによるセミナーやディスカッション、メディアのデジタルサービス化など、フィットネス業界のプレイヤーに先駆けて取り組み、業界に示唆を提供する存在となり、サービスを通じて生活者に幸せを届けたいと思っています。フィットネスには、そうした可能性があると信じているのです。自分のかかわる仕事の本質的な価値にまで気づき、仕事に向かうエネルギーを得られるこの機会を、ぜひみなさんも活用されることをお勧めします。
中小企業診断士の資格を取得したのち、自社でもイノベーション活動に携わっています。自分の経験や知識を棚卸しして次のステップに進むために「理論と実践を兼ね備えた、学びのコミュニティ」を探していました。 hintゼミの特徴は、なによりもまずコンテンツの質の高さ。イノベーションクラスも経営学クラスも、これだけの知識とノウハウが分かりやすく、かつ「実際に使う」ことを意識してまとめられている講座は他にまず見かけません。 加えて、学びと実践を促すための様々な仕掛け。コロナショックの影響もあり4期以降はオンラインを前提としたコースとなりましたが、マイクロラーニングにより時間を越えていつでも学ぶことができ、オンライン会議により空間を越えて様々なバックグラウンドを持つゼミの仲間と繋がることができます。卒業後もラーニングコミュニティを軸にしたネットワークが続いていきます。5年後の学びのスタンダードが、ここにはあります。 参加にあたって必要なのは「本気で取り組む気持ちがあるか」だと思っています。グループで学びを進めていくため、あなた自身の真摯な取り組みが試されています。その気持ちさえあれば、最高の学びと仲間づくりの場になると思います
組織論や経営学、オープンイノベーションなどを学ぶ場は世の中に多くあると思います。このhintゼミがそれらと一線を画しているのは、人を幸せにするという視点が中心にあるということ。この視点を持つ大切さは頭ではわかっていても、普段のビジネスや生活の中で学んだり実践する機会がなかなかありません。 それをhintゼミでは、誰にでも理解ができ、そのまま普段のビジネスにも組み込めるように丁寧に教えてくれます。オーソドックスな理論だけでなく、デザイン思考やジョブ理論なども最新の手法を組み合わせたり、時には気づきを与えてくれる小ネタなども仕込まれていたりと常に刺激的で、頭が活性化していくのを毎回感じています。 ​ また、参加メンバーの間や、一緒に参加しているdotメンバー達と活発にコミュニケーションがとれるのもこのゼミの特長だと思います。オンライン参加、オフライン参加の関係なく、互いのアイデアを共有したり、ひとつのアイデアをチカラを合わせて事業化に向けて動いたりと、社会人のゼミでは珍しいくらいの深い結びつきが生まれていきます。(顔合わせ会やゼミ後の懇親会なども楽しみ!) ​もちろん、毎週課題を提出しなくてはならなかったり、事業アイデアを構築していくのに頭を悩ませたりと、大変な部分はあります。それでも、このhintゼミで学べること、実現できること、つながれることは、かけがえのないものですし、このゼミに参加して、自分やまわりが成長し世の中を幸せにしていくことは、素晴らしいものだと感じています。
title_4step@3x

やる気に満ちてはいるが、お金はちょっと足りない。
という方向けの受講支援プログラム「未来チケット」は  こちら