経営学の教科書 要約版 [テーマ1〜3]

リーダーシップの教科書 要約版 [テーマ4〜6]

経営クラスのサンプル動画 [テーマ1  セクション1]

リーダーシップの教科書 要約版 [テーマ1〜6]

リーダークラスのサンプル動画 [テーマ1  セクション1]

titlemuiteruclass@2x

hintゼミ 20秋期 (6期) 経営クラス 浅井紀洋さん (のりさん)  Facebookはこちら

hintゼミ 21春期 (8期) 経営クラス 森田直美さん (モリナオ)  Facebookはこちら

「幸せ視点」と「経営」って本当に両立するの?そんな疑問&興味、それに自組織が元気になるhintを得られればと思い、hintゼミに参加しました。参加してみると濃い内容なのにとっても分かりやすいとんとん動画&資料に、多様なバックグラウンドのメンバーとのチームラーニング、さらにゼミ内交流イベントもありと、あっという間の濃い3ヶ月間でした! インプットの学びだけでなく、自組織での「幸せ視点」の実践を目指す、志高く楽しいメンバーと卒業後も継続して仲間になれたことが貴重な成果でした。能動的に学ぶスタイルなので、自身の組織への課題意識が強く、変えたい!という想いがある人ほど得るものが大きいゼミだと思います。
中小企業診断士やMBAを取得した友人に触発されて、私も挑戦しちゃう?! と情報収集をする中で、「幸せ視点の経営学(hintゼミ)」に出会いました。「個々の幸せと、組織成長の両立」が私の大きなテーマで、そのために個人で出来ることを模索していた最中で、「幸せ視点」というキーワードに強烈に魅かれて、(正直あまり深く調べず) その場で申込を決めました。 オンラインでどこまで自分が本気になれるのか、不安もありましたが、今は、当初全く期待していなかった「学びあう楽しさ」を感じ、5期のラーニングファシリテーターに申し出る程になりました。ゼミ生同士のディスカッションを重ねるごとに好奇心がとても刺激されます。この興奮をぜひ多くの方に経験していただきたいです。 経営学に関しては予備知識ゼロの私でも理解できる動画やテキストが揃っています!斉藤さん(とんとんさん)もいつでもサポートしてくださいます。新たな出会いを楽しみにしていますので、安心してご参加いただければと思います!
これまで学んできたMBAと、関心の高いポジティブ心理学。この2つの繋がりについて学ぶためにhintゼミ「経営学」の受講を決めました。斉藤先生(とんとん)の講義は、MBAのクラスとは全く違います。幸せ・愛・つながり…といった言葉選びで語りかける、オンラインなのにじんわりと心に染み入る丁寧でとても温かい講義です。 zoomを使った週1回のチームでの語らいは、深い学びに繋がるかけがえのないものです。個人学習では得られない観点や価値観に触れることができるのもhintゼミの醍醐味です。ポストコロナ時代。hintゼミを受講していなければ、今頃もっと不安な毎日を過ごしていたと思います。どうありたいか、そのために何をしたいか、自分と向き合い、先人の教えや仲間の考えに触れることができるこの3ヶ月は、私の人生において尊い時間です。
変な表現ですが、なりゆきで会社の代表になり5年目。タイミングがよかったため、小さな小さなイノベーションが起こせました。しかし、そろそろきちんと次のフェーズを考えたい。そう思った時に、hintゼミに出会いました。私は岡山在住のため、オンラインで受講できることはとても魅力でした。 hintゼミは自分のペースで学べるだけでなく、はじめにチームを設定してもらえるので、Zoomなどのウェブ会議を活用して、遠方の仲間と進捗確認や相談ができ、そして先生にも質問ができます。この仕組みで3日坊主の私もワクワク感と適度な緊張感で継続できています。また、このゼミは「決まり」にとらわれず、フレキシブルに変化します。それも面白い。真剣に楽しむとそれが仕事になる、そんな場所だと感じます。2020年のコロナショック。このゼミで学び、前向きなパラダイムシフトを起こします。
「経営学」なんて自分には遠いモノだと思ってました。ただ管理職になってから、部下や組織のパフォーマンスについては考えてました。hintゼミの「経営学 = 組織論」なので、それを知ってググッと興味を持った記憶があります。 ​自社視点でなく日本でもなく、世界の知見からの玉石混交の「玉」が、とっても分かりやすい形でそこにありました。また、同じような事に悩み、同じような価値観を持っている人がいる可能性が高く、その後の繋がりも含めてサード(スタディ)プレイス的な存在にもなりえます。
一度は学ばなければと思っていた経営学。しかし、学術的な内容では頭に入らない。本や他の講座では、何度も挫折をした。偶然に出会ったhintゼミ。「幸せ視点の経営学」というタイトルに心惹かれた。 斉藤先生の講義は、のめり込むほど面白い。理論→事例→実践の流れで、とんでもなく分かり易い。良い組織とは。イノベーションとは。リーダーシップとは。幸せとは。経営について学んでいるはずなのに、いつしか問いは自分に向かう。経営学は、人生だ。こんなゼミに入れたことを心から幸運だと思う。
1期はオンラインで立ち見の参加。2期でようやくオンライン受講生として参加してます。率直な感想を言うと「全部あります」です。アントレプレナーシップだったり、well-beingだったり、ソーシャル・キャピタル、対話、チームワークにリーダーシップ、どれもが色んな仕事で「これこれ!」となるものだったり、困ったシーンをブレークスルーしてくれるテーマだと思いますが、それが「全部あります」。そう、全部あるんです。。 濃厚な学びと気づきが爆撃機のように押し寄せてくるので、この三ヶ月をみっちりこれに費やすつもりで本気受講されることをオススメします!ハードなのに楽しい、そして課題提出の遅れなども全てを許してくれる、だけど正直しんどい。そんなハードファンを楽しみたい方におすすめです!
2019年7月に11年経営した会社の全株式を譲渡しました。いろいろ大変だったなぁ、、、一度 自分の中で経営を体系的に振り返りたいなぁ、、、と思っていた時、偶然にこのゼミを見つけ、受講しました。 いままでビジネス書など読んでおりましたが、その時に興味を持っていたり、必要と思った要素だけをつまんでいた状態だったので、経営を歴史から追いかけた授業内容はとても新鮮でした。特に単に理論だけでなく、その時代背景や時代の流れによって新しい理論が出てきたか学べたのは、とても大きいと感じております。 最近の理論の話だけではなく、実際の現場に理論をどう結び付けられるのか「どこがフィットしてどこがフィットしにくいか」という話がでるのも実践的と感じます。またイノベーションは多産多死と考えますが、どうして企業にイノベーションが必要か、どういうフレームワークが実用的か学べたのも楽しかったです。 ​ちなみに斉藤先生、めちゃくちゃ書籍を読み込んでいらっしゃるので参考図書がたくさん出てきます。この書籍の示唆も勉強になります。あの本 読んでみたいな!と思いますが、いつ追いつくことやら・・・
hintゼミの講義は、大企業のビジネスを経験した後、ベンチャー経営で4回死にかけたという壮絶な人生を過ごしてきた斉藤先生だけが構成できる「幸せ視点」のストーリーです。 経営学から心理学まであらゆる知識のエッセンスを凝縮かつ体系的に学べるので、現役のビジネスマンや経営者の方にとって目からウロコな感覚で学びが腹落ちしていくところにとてつもないバリューがあると思っています。講義に登場する参考図書の多くはすでに読んでいましたが、毎回毎回の講義中に、自分の中で散在していた知識が「幸せ視点」でドンドンつながっていくことが、hintゼミでのワクワクな体験でした。 ​全10回のゼミを終えると、家族への接し方も、同僚とのチームワークも、日経新聞を読む視点も、世の中の眺め方も、変わりました。おおげさじゃなく、本当に。
title_4step@3x

やる気に満ちてはいるが、お金はちょっと足りない。
という方向けの受講支援プログラム「未来チケット」は  こちら